人気ブログランキング |

哲学と哲楽


<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧



三日酔いかも?

この金曜、土曜、日曜と「飲んだくれて」おったので、流石にきょうは終日三日酔い
気味であった。この歳になって何という様や、それこそご先祖様に申し訳が立たんぞ。

それでも、きょうはきょうで暮れてゆき、明日は明日の日が昇るはずなのであって、
それが「生きる」ちゅうことなんやろけど、もし眠ったまんまで起きて来なければ、
それは即ち死ということなのであって云々である。酔眼朦朧で碌な事思わんもんや。

明日は三連休明け、三月末は年度末で何かと予定もあるが「何がどうなってるんか?」
を忘れたいがために?やたらと暴飲暴食してる風でもありお恥ずかしいかぎりである。

「三日酔いは 二日酔いより キツイわな」

「きょうはハゲ鍋にしたで~」に「おっ、日本酒かあ~」と心動いたが、禁酒しよう。
by hori_tetsu29 | 2011-03-21 17:55 | Comments(0)


♪私はきょうまで生きてみました♪

タイトルの歌詞は何やら深刻ではあるが、「きょうまで生きてみた」からといって明日に
なれば「死んでみる」こともできないのであって、「死ぬこと」の不可解さと不自然さを
感じる「宵の喉」となった。「宵の口」から29期11名での食事会&飲み会が楽し過ぎた。

女子三名で男子八名は当時の男女比である二対一ならぬ八対三であった。鍋の数は三つ、
「家庭科をよく知らない世代」にとっては各鍋に女子一名張りつき鍋奉行は誠に有り難い。
須くセルフサービスの家庭にあっては終ぞ経験体験することのない「取り皿に取り分けて
くれる」所作に「あってはならいこと」なのかもしれないが、見惚れてしまうのであった。

昨日の小中同級生とは明らかに違う高校同級生達や、全くの「こども」から「おとなになり
かけのこども」から「最早おとなといっていいこども」なのかもしれんな。上手く言えんが。
これもそれもあれもどれもK君が帰省してくれてI君が段取りしてくれたおかげで、感謝!

「29期 あなたのおかげ 感謝です」

明日はお彼岸の中日、実質的「衣替え」なのかも、春らしい装いには肉体改造が必要やな。
by hori_tetsu29 | 2011-03-20 22:33 | Comments(0)


あちゃ~!?やしよう

お彼岸の二日目やけど、ぼろずた二日酔いの二度寝三度寝のぐうたら生活になってしもた。
のんびりどんよりゆっくりの家族不在の生温かい生活はそれはそれで快適であったと思う。

K君帰省の中学ミニ同窓会と聞いてたが、小学ミニ同窓会で「特濃」になってしもたんやで。
今はようわからんが、当時は小学生は全くの「こども」で、中学生は全く「こどもではない」
のであって、きょうの男女四名ずつのミニミニ同窓会自身?は「ジェニュイン」やったと思う。

「「じゅうご」にて 思うはじゅうにの 春遠く」

明日は高校時代のミニミニ同窓会がある。お墓参りしてちゃんとした気分でそれを迎えたい。
by hori_tetsu29 | 2011-03-19 23:58 | Comments(0)


お彼岸の入り

きょうは「お彼岸の入り」である。ならば「お彼岸の出?」は何時なんや?といえば
24日である。両親ともに末っ子で所謂核家族やったから家に仏壇もなく「お彼岸」の
意味が恥ずかしながらこの歳になるまでようわからんかった。今年はちょい違う感じや。

そこで「国語辞典」を引いてみた。「彼岸」①仏道に精進して煩悩を脱し、涅槃に達する
こと。また、その境地。彼岸(=むこうぎし)に至るの意。②春分・秋分の前後各三日間、
合計七日間。また、その頃の季節。③「ひがんえ」の略。やて、わかったようでわからん。

「やらせ」で晩節を汚した感が残った人気番組「知ってるつもり」みたいな感じやなあ。
「彼岸」については「わかってるつもり」やった。改めて辞書を引いてみると「わかって
なかったやん」かなあ?特に、①は難しいぞ。俗世に生きる俗人としては「精進」などは
「何それ~」やし、「煩悩を脱し」なんか「無理無理~」やし、「涅槃に達する」やて?
「それこそ何それ~どうなんの~」やでなあ。「「境地」に至ったら即ち死」ちゃうん?

所謂「三途の川」のこっちが「現世」で、あっちが「あの世」ちゅうことか。だとするならば、
♪男と女の間には深くて暗い川がある♪を♪ロゥー&ロゥー振り返るな♪がええんとちゃうん?
ひとは生まれてきたら死ぬことだけはわかってるけどそれが何時かわからんからいろいろ
思ったり考えたりするんやろなあ。「人は考える葦である」やっぱり水辺で考えるんやな。

「恋人は 水辺に集う らしいけど」

三連休前の金曜夜やけどお声は掛からず、家に居よう。土日夜は予約?有り、嬉しいな。
by hori_tetsu29 | 2011-03-18 18:00 | Comments(0)


義援金は義捐金

きょうもやたらと寒い。明日は「お彼岸の入り」ちゅうのに何ちゅう寒さや!適正在庫?
やったはずの灯油が底を尽きかけておる。被災地を思い「我慢する」という選択肢も有り?

午後になって、「出荷」に必要なガムテープとカッターナイフの刃が「底を尽いた」ので、
近くのホームセンターへ買いに走った。「自損事故現場」の先に見たことのある高校制服姿
男女二名が寒風吹き荒ぶ中、募金箱を両手に持って聞こえないが何やら呼びかけておった。

女子はセイラー服紫三本線バッジ付、男子は詰襟に帆掛け舟風?校章とクラス章であった。
買物を済ませてから、ポケットにあった500円玉を募金箱に入れて、如何にも公立高校生
らしい?ふたりに「何期?」と聞いてみた。「自分らは数理科18期であります」と何やら
校内図書館前「野村吉三郎海軍大将碑」を思わせる返事で恐縮したぞ。「普通科は何期?」
「よくわかりませんが、60数期やと思います」と、妙に「数理科」らしい返事ではあった。

今月初めに卒業式を終えた三年生らしくて「今月31日まではこれが正装であります」とも、
「防衛大学進学かあ?」と聞きたいような気も少ししたが「ヴォランティア?」と聞いた。
「今、何が出来るかを考えて」との返事に恐れ入った。先輩としては福沢諭吉翁やったかな?
30数年前、所謂二期校受験前の受験勉強と称して飲んだくれてた世代とえらい違いやで。

「義援金 気持ちがあれば 寒くない」

家族は駅前のんは「胡散臭い」のでコンビニで小銭を募金していると言うてる、正解やろな。
by hori_tetsu29 | 2011-03-17 18:08 | Comments(0)


湯気の幸せ

早くも弥生三月半ば過ぎというのに「寒の戻り」か?めっちゃ寒い。皮肉なことに左膝が
アンテナの役割を担ってる。左膝が痛む度に平成22年12月7日午後4時15分のあの
瞬間の記憶が蘇る。左つま先がこちらを向いてきて尻もちをついてしもた。トラウマやな。
平成23年3月11日午後2時46分は日本国民はもちろん世界中のトラウマになるんか?

当店創業53年目の創業者名では最終申告となる確定申告は当店始まって以来の大幅な
赤字を計上してしまった。松下幸之助翁の言によれば「企業の赤字は、それこそ血を流し
ながら何とか息をしてるようなもんですわな」やったかな?和歌山弁訛りが沁みてくるな。
創業者たる親父は今年正月四日に亡くなったので、平成23年度は名実ともに二代目たる
自分の「自己申告」となる。先ず「せなあかんこと」は徹底した「コストカット」なんやろなあ。

「夕飯、きょうは寒いし「おでん」にしたで」「「関東煮」やろ?」「どっちゃでもええやんか」
「そやなあ」と「湯気の幸せ」感じる会話があった。被災地を思うと堪らない気持ちになるが
被災を免れた者たちとして淡々と粛々と日々を過ごしたいと思う。デマ風聞に惑わされずに。

「へたるなよ 湯気の向こうに 笑顔あり」 

きょう29期同級生の昭和8年生まれのご尊父のご葬儀に参列した。そういう年頃?やなあ。
by hori_tetsu29 | 2011-03-16 18:48 | Comments(4)


最善を尽くせ

未曾有の東日本大震災の惨状は日を追うごとに目を覆うばかりである。日本地図を
見れば、東北地方の太平洋側は大海原に向かって、何だか「胸を張ってる」ように
見えるだけに余計に「胸が痛い」ように思える。海岸線数百キロに渡る大打撃である。

毎日新聞夕刊によると春の選抜高校野球の組み合わせが決定した。「開催可否18日に
判断」とある。予め東北(宮城)が第6日の第一試合に割り当てられる配慮があった
ようで抽選会に来ることが出来なかった主将のコメントが「胸に迫る」ものがある。

「がんばれ」というのは何と英訳すればええんやろ?"do your best.""make your
efforts."ぐらいかな?鬱病患者には「がんばれ」は禁句やと聞くし、難しこっちゃな。
「ベストを尽くせ」「努力しろ」と「がんばれ」はちょっと違うような気がするしなあ。

「胸痛め 最善尽くし 胸を張れ」

きょうは春霞みか黄砂かようわからんがうららかな一日。明日からまた寒いらしいぞ。
by hori_tetsu29 | 2011-03-15 17:57 | Comments(4)


がんばれ、がんばろう。

「東日本震災」はM9.0の想像を絶するエネルギーが不測の事態を生みだし、大津波と
原発事故も誘発した。当地ではその悲惨さは実感できないけど想像することはできる。
自分自身年明け早々に喪失感を感じたが、何もかも無くなる喪失感とは如何なものか。

英国の新聞に日本語で「がんばれ日本、がんばれ東北、」と掲載されたと聞く。支援
応援にはいろんなものがあるだろうが、心のこもった「言葉」もとても大切やと思う。
16年前は「がんばろう神戸」やったと記憶する。経験上「がんばれ」と言われれば、
「がんばろう」と思うことができる。「がんばろう日本、がんばろう東北、」やなあ。

「がんばれと 言われて思う がんばろう」

毎日新聞夕刊一面「福島原発また爆発」の大見出し、その下の写真のキャプションは
「爆発し煙を上げる福島第1原発3号機=NHKテレビから14日」とある。テレビ
カメラが向けられていたからこその写真ちゅうことやろな。カメラマンには出来んな。
by hori_tetsu29 | 2011-03-14 17:29 | Comments(0)


号外は「被ばく住民22人に」

昨晩は小中高同級生の気の置けなさ過ぎる?メンバーでこ洒落た?お店「じゅうご」で
退院祝いをしてもろた。おねえさん二人で切り盛りしてるそのお店は、細かな気配りを
感じることができるのでファンになった。気がつけば一升瓶を抱いて眠っておったが。

どのようにして自宅に帰り着き、いつものベッドで目覚めたのかが、ようわからんのが
気持ち悪いが「二次会には行かない主義」のT君がタクシーに同乗させてくれたようや。
居間に行くと既に誰も居ない。テレビはずうっと全局地震関連特別報道番組だらけやし。

思い切ってひとりでスーパー銭湯の朝風呂に久しぶりに出掛けた。滑って扱けたら二次
骨折?やなあと、警戒しながらそろそろと今の自分には広過ぎる各種のお風呂を行き来
した。大過なく?ゆっくりすることができたが、思いの外「手摺」が少ない。健常者用。

お昼は抜こうと思ってたが、I君が「和駅地下「サイゼリヤ」はええど、電車の時間待ち
で偶々入って1000円で飲んで食うてや~、何せワイン一杯100円や~」ちゅうてた
のを思い出し、お風呂で妙に腹が減ってたせいもあるんやろけど、徒歩で急行してしもた。

その帰りに、駅前で毎日新聞の特別号外を受け取った。見開き「自衛隊10万人動員」の
大見出しの下の津波の写真に目を見張った。不謹慎だが動画は見飽きた感があったので、
「真を写す」写真というものの圧倒的迫力に現実を突きつけられたような気がしたのやった。

「銭湯で つたい歩きで そろそろと」 

きょうは暖かくてええ天気やった、うららかな春を感じた。「自然の牙よ しばし眠れ」や。
by hori_tetsu29 | 2011-03-13 17:19 | Comments(0)


まさに国難や

昨夜は、全局ほぼ同一内容の地震関連情報特別番組に釘づけになってしもた。夕飯は各自
済ませて、出先から帰った家内も加わって、安心安全なリヴィングルームで妙に皆寛ぎつつ
悲惨な状況を「テレビで見る」ちゅうのんはどうも気がひけるがそれはそれで仕方ないしな。

「何で東京に居て話してるアナウンサーがヘルメット被ってるん?」「東京も被災地やもん」
「そやけど後ろの人らはヘルメットなんか被ってへんでえ~」「そやなあ、忙しいんやろ?」
「危なないとこでヘルメット被るんはパフォーマンスちゃうん?」「政府高官もみんな普段は
着てへん似合わん作業服着てるわなあ」「そやなあ」「まあ、それぐらい一大事なんやろなあ」
「津波てえげつないな」「見たらあかんもん見てるみたいやな」「それもこれもみんな現実やで」

一夜明けてどんどん未曾有の自然災害が明るみになってる。テレビは速報性を重んじてるが
やっぱり新聞は静止画像と文字で圧倒的な悲惨さを伝えてる。当地は被災地から数百キロ
離れてるから「阪神淡路大震災の180倍」ちゅわれても実感がないしな。避難指示も勧告も
「紀伊半島が太平洋側やからちゃうん?」とどこかどこ吹く風的楽観的視点に陥っておるな。

それにしても自然の脅威には人は沈黙せざるを得ないと改めて思う。営々とした人としての
営みがほんの一瞬で為す術もなく跡かたもなく消し去られてしまう。被災地被災者の方々に
申し訳ないが当地でそれぞれの予定を中止変更する合理的かつ妥当な理由も見当たらんし
淡々と粛々と生活してこの日を過ごしてる、日本列島は縦に長い。「ヒアアフター」やな。

「きょう生きる 明日は我が身か 知れないが」

本日午後6時からまたまたごくごく内輪での退院祝いが予定通りに行われる。主催者T君の
口癖は「生きてるだけで丸儲け」と「一寸先は闇、政治とちゃうで~」や。奥が深いわなあ。
by hori_tetsu29 | 2011-03-12 17:29 | Comments(2)

    

ほりてつが学んで楽しむ公開航海日誌かな?
by hori_tetsu29
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Yahoo BLOG /..
by Kimitake OTA at 21:28
いっこちゃん、オメコメあ..
by hori_tetsu29 at 17:55
senshikibow君..
by hori_tetsu29 at 17:49
お誕生日、おめでとうござ..
by senshikibow at 08:01
senshikibow君..
by hori_tetsu29 at 17:59
幹事さん、ご苦労様でした..
by senshikibow at 08:54
あ・閑マダムさんへ、 ..
by hori_tetsu29 at 18:22
こんにちわ~~♪ ..
by あ・閑マダム at 03:02
あ・閑マダムさんへ、 ..
by hori_tetsu29 at 19:35
訂正及び確認: 岸本候..
by あ・閑マダム at 07:16
メモ帳
最新のトラックバック
日帰りバスツアーで素敵な..
from 日帰りバスツアーで素敵な思い..
ジストシネマ
from サイト ジストシネマ
【西村由紀江】Virgin
from ピアノ音楽アーティスト~西村..
石垣島-スキューバ・ダイ..
from Trip@World
署名活動にご協力下さい
from 心の風
野球の画像に関する情報満..
from 野球 画像 情報ナビ
首相補佐官の五枠をフル活..
from 日経新聞がよくわかる記事解説
小沢民主代表、首相指名..
from ニュースの館
二木ゴルフ 店舗情報
from 二木ゴルフ ゴルフのことは二..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧